よくある質問

ホーム> よくある質問

↑

よくある質問
Q&A

コンテナに関するよくあるご質問

中古コンテナはどれ位使用された物ですか?

平均的に10年前後海上輸送用の貨物容器として使用され、衝突傷や擦過傷等で傷んでおります。ある程度の修復、修理が必要となります。
これらに対する施工終了の上、一般倉庫用となります。

中古コンテナの耐用年数はありますか?

耐用年数の明確な数値は持っていません。弊社よりの納品コンテナは錆落、錆止塗布の上、ペイント全面塗装を施してあります。納品後、タッチペイント等のメンテナンスを施して
戴ければ大変長持ち致します。

コンテナ内部は暑いでしょうね?

閉め切った状態ですと特に夏場、内部は高温(50℃前後)となります。勿論外部の鉄板は60℃~65℃位に迄上昇 致します。電源の確保が出来れば換気扇取付、吸気口の取付施工(壁、床部等)が望ましいとされています。

コンテナ内の温度が余り上昇しないコンテナはありますか?

冷凍あるいは冷蔵品を輸送する折に利用する、断熱材 (発泡ウレタン75㎜)投入のコンテナが便利です。このコンテナに エアコン等を装備すれば内部は快適空間となります。
美術品、骨董品等の収納、そして店舗、住宅の活用にもお奨め出来ます。

コンテナ内の広さはどれ位あるんでしょうか?

20フィート(約6m)コンテナは約15㎡、40フィート(約12m)コンテナは約30㎡となっています。利用目的、設置スペースに合せてお選び下さい。20フィートでも大きすぎる時、例えば半分サイズの10フィート加工改造も致しております。勿論、20フィート未満のサイズ指定はどんなご要望もOK!です。

コンテナ規格のスペースよりも広く利用したいのですが?

20フィート(約6m)コンテナ、40フィート(約12m)コンテナどちらでも連結設置、空間を広くする為の不要の壁部を切削の上、柱の無い空間を創り上げる事ができます。150㎡、210㎡のワンフロアータイプの実績があります。

コンテナの扉は何ヶ所ですか?

海上コンテナの既設の扉は、観音式扉1ヶ所のみです。
内部からは開閉する事が出来ません。
御用途に応じて改造が必要となります。

コンテナの扉は、長手方向にあるのですか?

長手方向にはありません。完全な壁部となります。
出入口の必要性から、この長手方向の壁部に扉、窓、 或いはシャッター等の取付、堅牢さを求めて同種のコンテナの鉄扉の取付も出来ます。

コンテナを積み上げる事は出来ますか?

海上での貨物輸送時、1台のコンテナ総重量は20t~30tに及びます。このコンテナを船の中で8段積み上げて輸送致し ます。一番下段のコンテナには160t~240t程の負荷が発生します。この重量に何度も耐えて来たのが海上コンテナです。
積み上げ時の心配は不要です。但し、設置場所の基礎のご用意には充分な御配慮が不可欠となります。

コンテナ内収納物の先入れ先出しがしたいのですが?

コンテナ既設扉は1ヶ所のみです。反対側に新たな扉を取付施工出来ます。
こうすれば、収納した順に搬出が可能となります。

フォークリフトが入れますか?

本来の輸出入の貨物収納作業は、一般的にフォークリフトを活用して作業致しております。一般倉庫用として活用される コンテナ内でも同様にフォークリフトの作業は可能です。
但し、コンテナの床部と敷地接地面とのレベル差は、170㎜程の段差があります。スロープ等の取付、又はコンテナ本体の一部地中埋設等で、リフトの進入を容易にする事が必要です。

重量物をコンテナ内に手押し作業で収納したいのですが?

重量物をコンテナまでフォークリフトで移動の上、コンテナ内床部にローラーコンベアーを敷設施工致します。

設置したい所が、豪雪地域なんですが?

一夜に2mの積雪のあった郡上郡(岐阜県)に設置した実績があります。お客様がお困りになり不都合の生じた連絡はありませんでした。

コンテナ自体って重い物ですか?
設置はどういう方法で?

20フィート(約6m)タイプ・スチールボディー(2,220Kgs)
・冷凍ボディー (3,200Kgs)
40フィート(約12m)タイプ・スチールボディー(3,740Kgs)
・冷凍ボディー (4,800Kgs)
と大変な重量物です。
20フィート・スチールタイプはユニック車(小型のクレーン付トラック)での並行設置は可能です。
その他のコンテナは全てクレーンによる吊り上げ、 吊り下げ作業となります。

設置基礎ってな~に?

一般倉庫用として利用する場合、穴の空いていない コンクリート平板ブロックを4隅或いは、6~8ヶ所コンテナに沿って敷設致します。水平保持の微調整は鉄板等の スペイサー(錆止処理済)を利用致します。
敷地が複雑な状況の場合、各所をコンクリートブロックの積上げ枚数を変化させて調整致します。コンクリート打設の敷地の場合、直接設置が可能です。アスファルト面での設置は夏場、沈み込み現象が発生するケースが多い様です。これもコンクリートブロック敷設が良いと思います。
敷地端での設置は、地盤の損傷が考えられます。
50cm~80cm程内側に逃げた方が良いと考えます。

コンテナ輸送トラックについて教えて下さい。

20フィート(約6m)タイプは大型平ボディートラックにて可能ですが、40フィート(約12m)タイプに付いてはコンテナ専用シャーシ付トレーラーが望ましいとしています。お客様御自身での運送手配の場合は、お問い合わせ下さい。

コンテナをリースすることは可能でしょうか?

短期でも長期でもリース可能です。
料金につきましては、コンテナの種類やリース期間により異なりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

お問い合わせ

ホーム会社案内海上コンテナとは改造コンテナ製品
改造手順・事例コンテナ価格よくある質問お問い合わせ

[コンテナ総代理店]
中京メンテナンス株式会社
名古屋市港区空見町1-18
携帯、PHS(全国から)もご利用できます。
フリーダイヤルお問い合せ 0120-789-871
フリーダイヤルファックス 0120-789-872
TEL:052-398-1234 FAX:052-398-1170